次回で合格!介護福祉士国家試験省エネ合格リベンジセット

>>受付停止中です<<

特養老人ホームやデイケアセンター等で働いている人にとって、役に立つ
資格といえば、ホームヘルパーや介護福祉士が思い浮かぶと思います。

ホームヘルパーは研修を受ければ誰でも交付されるのに対して、介護福祉
士は、国家試験に合格しなければ資格を得ることはできません。

しかし、需要に対して供給が全く足りていない状況ですから、仕事につく
事自体には困らないのですが、重労働な割に賃金が安いという資本主義に
おける競争原理が全く働いていない状況です。

結果として、離職率が高く人手不足という悪循環の状態が続いています。

このため、現時点では、介護福祉士の数を増やすことが優先されており、
合格率も50%前後と高めですが、ケアマネ試験のように将来的には難易度
が上昇することが予想されます。

ケアマネ試験が始まった1998年は合格率44.1%でしたが、2011年試験は
合格率が15.3%にまで低下しています。

ケアマネージャー数が最低限確保できた時点で、試験の難易度が向上した
と推定されますが、介護福祉士の数も余剰が見られるようになった時点で
一気に難易度が上昇することが考えられます。

しかし、資格制度の変更などによって将来的に変わるかもしれませんが、
過去に取得した介護福祉士の資格が無効になることはないでしょう。

つまり、合格率の高い今のうちに介護福祉士を取得しておくほうが得策
と言えます。

とはいっても、介護福祉士試験は、受験者の半分が不合格になる試験です
から、簡単だというわけでもありません。

前回の介護福祉士試験で不合格だったのではありませんか?

そこで役立つのが、介護福祉士国家試験省エネ合格リベンジセットです。
書店では入手できない、電子書籍形式の学習教材です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ