一級建築士設計製図試験 エスキス合理化テクニック

esukisu

詳しくはこちらをクリック

あなたも一級建築士試験の設計製図試験で苦しんできたと思います。

設計製図試験で3年連続不合格になると学科試験からやり直しですから今回
が3回目であれば必ず合格したいという気持ちはあっても、空回りしている
かもしれません。

毎日、時間をかけて製図の練習を繰り返していても自信が持てないまま試験
を迎えているのではないかと思います。

製図の練習をしても制限時間内に完成させることができなかったり、時間を
間に合わせることばかりを優先して、思い通りの仕上げができなかったりと
いった状況ではありませんか?

手戻りが次々と発生して、制限時間をオーバーしたということもあったかも
しれませんね。

過去問であれば、暗記するほど練習したので完璧だという人でも、少し出題
方針が変わると全く手足が出ないというところだと思います。

そこで、設計製図試験におけるエスキスでポイントになるのが「グリッド
を決めることですが、これでピンと来たのであれば合格間近ですから、次回
の設計製図試験で合格できるのではないかと思います。

しかし、グリッドが重要と言われてもぼんやりとしかイメージできなかった
り、何のことやらわからないというのであれば、「一級建築士設計製図試験
エスキス合理化テクニック
」で勉強しないと遠回りになりかねません。

エスキス合理化テクニックは40ページで短時間で読み終えることができます
が、その内容は資格学校などで授業を受けて、製図の練習を続けていても、
なかなか身につけられないものばかりです。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ