小3から1日30分32日で国語の読解力と成績アップ!読解力の公式

詳しくはこちらをクリック

国語のテストで高得点を取るための重要なポイントが「読解力」です。

漢字を覚えたり、古文や漢文の文法を覚えるというのも、点数アップには
つながりますが、思ったほどの効果は期待できません。

日本語の文章を読み解く能力が試験では重要視されていることは、試験の
配点や出題傾向を見ても明らかです。

それでは、読解力を高めるためには、どのような勉強が効果的でしょう?

現実には国語教師でも分かっていない人が多いのが実情ですが、一般的に
言われている学習法がかえって成績を下げることも珍しくありません。

その代表例が、読書です。

「活字を読めば頭が良くなる」などと、誰が言い出したのかわかりません
が、小学校などでも読書の時間を設けるところが増えてきました。

しかし、成績アップという観点からすれば、読書はかえって逆効果です。

なによりも、読書中は他の勉強ができませんし、我流で文章を読んでいて
も、読解力向上は期待できません。

我流では上達できないことは、スポーツやお稽古事などで、嫌というほど
知っていると思います。

基礎的な方法を身につけた上で取り組んだほうが、効率良く上達できると
いうことは、改めて説明するまでもないでしょう。

しかし、読解力を上げるための基礎を教える人が、学校や学習塾等の国語
教師を含めても少ないのが日本の現状です。

そこで活用したいのが、読解力の公式です。
小学校3年生以降であれば、誰でも使える教材です。

読解力の公式の主なターゲットは小学3年生から中学生までですが、読解力
が乏しいという自覚があれば、小学生に限らず、中学生や高校生、就活中
の短大・大学生、社会人や老後生活の人まで幅広く活用できます。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ