【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム

kaigo

詳しくはこちらをクリック

あなたが2016年1月の介護福祉士国家試験を受験して、残念ながら不合格と
いう結果であれば、この悔しさは言うまでもないですよね。
2017年以降の介護福祉士国家試験の受験資格を失った可能性があります。

というのも、2017年1月に行われる第29回試験からは受験資格が変更されて
いるからです。

大学や短大、専門学校などの介護福祉士育成施設卒業生に、今まで無条件で
与えられていた「介護福祉士」の資格が、今後は筆記試験に合格する必要が
出てきましたし、2022年3月に卒業するまでは移行期間ということで受験は
任意ですが、卒業後最低5年しか介護福祉士の資格が有効にならないという
点が大きいでしょう。

5年経過後も介護職を続けていれば介護福祉士の資格は有効ですが、離職率
が高い職場ですし、結婚などで職場を離れた時点で資格が無効になるという
結果になりますから、任意と言いながらも事実上「必須」になったと考える
ほうが自然でしょう。

福祉系高校を卒業して介護職などをしていたり、全くの異業種などから介護
の仕事をしている人の場合、以前は実務経験3年で受験資格が得られたわけ
ですが、2017年1月の試験以降は実務経験だけでなく450時間の実務者研修
を受けなければ受験資格が得られません。

450時間というと半年間に相当するわけですが、学生であればまだしも仕事
をしながら研修を受けるのは、まず不可能ですよね。

そのメリットが、実技試験の免除だけと言ったらひどい話です。

勤務先を退職しないと実務者研修が受けられない人が大半ですし、あなたの
場合は分かりませんが、そこまでする価値が有るのかという問題も出てくる
のではないでしょうか。

介護福祉士国家試験で何度も不合格になった挙句に、試験制度の改悪で受験
資格を失ったというヘルパーはよく聞きますから厄介なものです。

あなたが介護福祉士国家試験の受験資格があったとしても、筆記試験で合格
しないと介護福祉士になれませんし、合格率60%近い試験だといっても若者
であれば簡単な試験が中高年には難しいというケースがほとんどです。

そこで「【東大式記憶術】介護福祉士試験一発合格脳プログラム」が役立ち
ます。
記憶力が落ちた中高年はもちろんのこと、暗記物が苦手な若者でも無理なく
介護福祉士国家試験で必要な知識を覚えていけます。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ