野球界の常識はスポーツ科学では非常識!教科書には書けない野球動作

詳しくはこちらをクリック

当たり前のように取り組んでいる野球のトレーニングや練習メニューの
多くは、スポーツ科学の観点から見れば、非効率で不合理な面が珍しく
ない
ことは知られていません。

プロ野球選手は、最新のスポーツ科学を積極的に取り込んでいますので
故障が少ないだけでなく、年齢が増しても衰えることが無く選手生命の
長い野球選手が増えています。

40代でも活躍するプロ野球選手が増えてきたことも大きな成果です。

しかし、これだけの成果を上げているのにもかかわらず、アマチュアの
野球指導では全くと言っていいほど反映されていない
のが実情です。

旧態依然とした指導法が、今でもまかり通っている状況です。

野球指導書を見ても、従来からの練習法ばかりが書かれていますので、
ついつい「これが正しい練習法だ」と勘違いしやすいのですが、大きな
間違いが多くのあるのです。

人間の体の自然な動きではありえない動作を行ったり、パフォーマンス
アップに繋がる動作があるのにも関わらず、何もしないでいたりという
具合です。

そこで、スポーツ科学の理論構築に取り組む関西大学人間健康学部教授
の小田伸午さんと、競輪などプロスポーツ選手を中心に人気の高い五体
治療院の院長である小山田良治さんが「教科書には書けない野球動作
を執筆しました。

教科書には書けない野球動作は、一流と呼ばれる、トップアスリートの
動きを元に、人間の体の構造を活かした動作法を使ったバッティングや
ピッチング、ランニングなどのプレイを見なおしたものです。

あなたも、体に負担が少なく、最大限のパフォーマンスを出せるように
なりたくありませんか?

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ