【唐澤サミット式】大学受験マーク式英語長文問題 驚速正解システム構造原論

xenterenglish

詳しくはこちらをクリック

大学入試センター試験の英語の科目で安定的に高得点を取ることは難しい
言われています。

あなたも過去問や受験した経験などから実感しているかもしれませんね。

特に英語の成績が不安定になりやすい要因としてあげられるのが「長文読解
ではないでしょうか。

センター試験の過去問や英語長文問題集を何度も繰り返し演習しても、実際
の試験に自信を持って臨めない受験生は少なくないものです。

その理由は簡単で、演習量を増やしたところで正答率のアップに直結しない
からです。

それにもかかわらず問題演習をすすめる指導者が多いのは「英語長文問題の
本当の解き方」を教えられないから
と切り捨てるのは、TOEFLやGRE、ZD
などで世界トップレベルの成績を取っている唐澤幸さんです。

スラッシュリーディングやパラグラフリーディング、ディスコースマーカー
などといった読み方をするように指導する英語教師や予備校講師もいますが
英語の問題文を全て日本語に訳すのを前提としている時点で間違っていると
唐澤さんは指摘します。

その上、現在のセンター試験においては、仮にすべての英文を日本語に翻訳
できたとしても読解力がなければ解答することはできません。

つまり、英語だけでなく、日本語(国語)の問題でもあるわけです。

しかし、英語を英語のまま理解するなんて、帰国子女でもなければ無理だと
思って諦めていませんか?

結論から言えば、「文の構造・仕組み」が理解できていれば、翻訳できなく
ても正解を導き出すことは可能
です。

国語の問題でも同じことがいえますが、英語も同じように解答すればいいと
いったら驚くのではないでしょうか?

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ