1日5分のリスニング練習で30日で聞き取れる?アリスの英語

詳しくはこちらをクリック

1日5分でネイティブ英語が聞き取れる
といっても、普通の勉強では無理な話ですよね。

そんなことができれば苦労はいらないと思うほうが普通です。

しかし、勉強らしいことをしなくても、言語を身につけられる乳幼児の学習
メカニズムを研究した英語講師の山根達也さんは、乳幼児だけが持っている
言葉を覚えるのに最適な脳の使い方」を、それ以降の年代の人でも再現を
するためにはどうすればいいのかを見つけることに成功しました。

結論を言えば「集中力」を徹底的に高めることで、言葉を覚えるのに最適な
脳の使い方を再現できるわけですが、今まで、自分では集中して英語の勉強
をしてきたとは思いますが、(英語の発音を除いて)周りの音が聞こえなく
なるほどに集中して勉強したことはない
と思います。

集中するために気合いを入れれば解決できると思ったかもしれませんね。
しかし、精神論だけで解決できるような問題ではありません。

まわりの別の音や動きが気になって、無意識のうちに集中が削がれたという
経験をしたことがあると思いますが、これでは言葉を覚えるのに最適な脳の
使い方を再現するのは不可能です。

誰にも邪魔されない静かな環境で勉強を行っても、雑念を何一つ感じること
なく勉強できたことのほうが珍しいのではないでしょうか。

他に重要なことであったり、それこそ、どうでもい現実逃避のようなことが
無意識のうちに次々と浮かんでくるものです。

そこで、山根さんが雑念が浮かぶこと無く英語の勉強ができるようには何を
すればいいのかを試行錯誤した結果、見つけたのが「間違い探し」です。

ゲームをしたり、パズルを解く時など、単純なものでも意外に集中する事が
できますよね。

それを英語学習に応用したのが「アリスの英語」です。

ネイティブが読む英文の中に間違いを入れておいて、どこが間違ったのかを
聞きながら見つけるという単純な仕組み
です。

1日5分程度でも、1ヶ月も続ければ成果が出ます。
92.8%が英語力が向上したとアンケートで回答しています。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ