無理せずにフォーム改良!水泳ストリームライン改善プログラム

詳しくはこちらをクリック

熱心に水泳の練習に取り組んでいても、スピードアップやタイム短縮などの
成果が出ないという倦怠期
は誰しもあるものです。

プールでの練習時間や回数を増やしたり、身体能力を向上させるためドライ
ランドトレーニングに取り組んだり、持久力をつけるために走り込みも毎日
欠かさず行っているにも関わらず、全く成果につながらないとなると、どう
しても挫折感を味わうものです。

東京都高等学校体育連盟水泳専門部常任委員で、東大教育学部附属中学校で
水泳指導を行っている井口成明さんは、「水の抵抗」を受けない姿勢で泳ぐ
ことが重要だと指摘しますが、あなたも今さら言われなくても知っている
思ったかもしれませんね。

しかし、泳法は時代とともに進化しています。

背中をしっかりと湾曲させるのが特徴的な従来型のストリームラインよりも
背中を反ることなく腹部をしっかり持ち上げるほうが水の抵抗が少なくなり
スピードアップやタイム短縮につながる
ことがわかったと井口さんは明らか
にしています。

しかし、お腹をへこまして腹部を持ち上げるのではなく、重心を「ヘソから
みぞおち」に移動させる必要がある
と言っても、なかなか実践できないので
はないでしょうか。

そこで、現在のストリームラインをマスターするために何をすればいいのか
を井口さんが具体的に説明した「水泳ストリームライン改善プログラム」が
役立ちます。

水の抵抗を受けないフォームを無理なく身につけることが出来ます。

ドリルに従って練習に取り組むことで、あなた一人でも実践できます。
このドリルはクロールを前提に作られていますが、4泳法全てに通用できる
ストリームラインが身につけられます。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ