日本での事前準備が重要!ワーホリ英語シミュレーター

詳しくはこちらをクリック

ワーキングホリデーの渡航先として最も人気が高いのがオーストラリアです
が、英語力を高めて現地の生活を経験するという目的を達成できず、単なる
時間の無駄でしかなかった
という人がほとんどです。

そのため、帰国前にフィリピンなどで英語の勉強をし直したり、資産を全て
失った状態で帰国して、その日暮らしに近い生活を送るケースも珍しくあり
ません。

オーストラリアで2年間にわたってワーキングホリデーを経験した中川侑人
さんは、語学力を伸ばしただけでなく現地の生活を楽しむ「ワーホリッチ
だったと振り返りますが、大半の人は「ワーホリプア」になっていると指摘
します。

あくまでも中川さんの主観であるとはいっても、ワーホリッチになっている
のは全体の5%程度だと言いますから、ワーキングホリデーを堪能するのが
厳しいことがわかる
と思います。

ワーホリッチになるためには、いったいどうすればいいのでしょうか?

一言で言うと、ワーキングホリデーに出発する前の事前準備が十分だったか
どうか
という点に絞られるわけですが、英会話スクールや英語教材を使って
英語の勉強をしていたから問題ないといった発想では、ワーホリプアに直行
するのは確実だと中川さんは指摘します。

英語の勉強はワーキングホリデーに出発してから始めればいいという考え方
は論外ですが、日本にいるうちに何となく英会話の勉強をするのではなく、
ワーキングホリデーで必要となる英語を徹底的に勉強する必要があります。

このワーホングホリデーでで必要な英語を、日本に居ながらにして効率よく
学べるのが「ワーホリ英語シミュレーター」です。

1日20分のトレーニングを1ヶ月続ければ十分です。
ワーキングホリデーで必要な英語というのは、この程度で十分です。

ワーホリ生活を楽しむための手段として英語を気軽に身につけられるように
カリキュラムが作られていますので、学校の勉強のように無味乾燥で退屈な
ものではありません。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ