スケジュール通りに進まない?試験合格プロジェクトを成功させる方法

詳しくはこちらをクリック

入試や資格試験などの試験勉強を始めるにあたって、勉強のスケジュールを
たてることもあると思いますが、まず計画通りに勉強が進んだ経験は一度も
ない
と思います。

用事が入って勉強時間が確保できなくなったり、やる気がないなどの理由で
計画していたところまで勉強できなかったという具合に遅れが積み重なって
計画倒れに終わったのではないでしょうか。

仕方がないので、問題演習の時間を減らしたり、勉強できた範囲内だけでも
完璧にして試験を受けても、予想通りに不合格という繰り返しだったのでは
ないかと思います。

このような失敗をしないためには、勉強を始める前の段階で「本当に必要な
勉強時間
」を見積もっておく必要があるわけですが、2回目以降というので
あればまだしも、初めて受験する試験の場合には難しいですよね。

そんなことができるわけがないと思ったかもしれません。

そこで、松平勝男さんが推奨するのがプロジェクトマネジメント理論です。

ビジネスリーダーやIT関連の資格試験を受けたことがあれば必ずと言って
いいほど見かける項目ですが、一定の期間内に一定の目的を必ず達成する
必要がある「プロジェクト」を不透明なことばかりが起こる中で実行する
ために必要なのが「プロジェクトマネジメント理論」
です。

予想通りに進まない、時間が足りないといった状況の中でも、締切に間に
合わせるために、前もって余裕時間を確保しておくとか、正確な学習速度
を把握できる方法を用いて見積もりを行うことで、ズレを減らすといった
工夫ができるようになります。

つまり、明日が試験だから今日中に試験勉強が終わるように計画を立てる
といった、どう考えても時間も何もかも足りない状況で間に合わせるのは
プロジェクトマネジメント理論を用いても不可能ですが、間に合う・無理
という判断を計画段階で行えるようになる
というメリットはあるかもしれ
ません。

どう考えても無理であれば、次回の試験は諦めて、次々回の試験を目標に
取り組むと言った考え方ができるようになるからです。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ