バレーボールでは欠かせないスキル!スパイク上達革命

詳しくはこちらをクリック

あなたはスパイクに対して苦手意識を持っていませんか?

うまく手をボールに当てることが出来ずに、勢いがないボールになったり、
ネットを超えられないといった状況が続いているかもしれません。

バレーボール指導者やスパイクが上手な人からは、スパイクのコツをつかむ
しかないと言われて、延々とスパイク練習を繰り返しても、上達した実感が
得られなかったり、練習ではうまくできるのに試合になると全くダメ
という
結果ではないでしょうか。

スパイクが安定しないと、人数が多いチームだと試合でレギュラーになるの
は難しいですし、試合に出場しても迷惑をかけるばかりで居心地も悪くなる
ものです。

元全日本男子バレーボール代表で、現在は指導者として、後進の育成に取り
組んでいる加藤陽一さんは以下の3つのポイントをマスターすればスパイク
の成功率を大幅に向上できるだけでなく、決定力を高めることも可能
になる
といいます。

  • スパイクを打つための基礎を正しく理解する
  • タイミングを合わせるための助走を身につける
  • 相手チームのディフェンスなどに合わせた打ち方を身につける

体の使い方や踏み込みも強化することで、スパイクの決定力が増しますが、
具体的に何をすればいいのかわからなければ、結局はスパイク練習を延々と
続けるという不毛な状況に戻るだけです。

そこで、加藤さんが教えるスパイクの練習法や強化法を、誰でも実践できる
ように「スパイク上達革命」というDVD教材として公開しました。

スパイク上達革命がどのような内容か、以下の動画で確認してください。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ