紳士的な犬に育てたいなら英国式犬のしつけ術

詳しくはこちらをクリック

犬のしつけがうまくいかずに困っていませんか?

さまざまな方法が紹介されていますが、それぞれの方法では成功事例が
あり、自分の方法こそがベストだと書かれています。

もちろん、すべてのケースでしつけに失敗するような粗悪なしつけ方で
は意味がありませんが、人間同様に犬にも個性がありますから、一つの
しつけ方だけで、全ての犬がしつけられるわけではありません。

基本形は似たり寄ったりでも、必要に応じて犬のしつけ方はいろいろと
派生しています。

客観的に、それぞれの犬のしつけ方を比較した検証結果が出てこないと
いうのも、ある意味では仕方がない面はあるわけです。

厳密には測定していませんが、60%から80%前後で固まるのではない
でしょうか。

とはいっても、このような状況では、何が最もいい方法か分からない
いう人も多いのではないでしょうか?

日本的な犬のしつけ方から、少し離れているのもいいかもしれません。

細かな点で違いはありますが、日本的な犬のしつけの基本形としては

  • 飼主が犬を支配する
  • 餌を上げるなどして褒めて褒めて甘やす

の大きく2つにあてはまります。

その一方、イギリスで行われている犬のしつけ方は、基本形から違い
が見られます。

犬にどうしたらよいかを考えさせる

という点が大きな違いです。

飼い主に主体性をもたせるのか、犬自体が主体的に動くのかという点
から違っているのです。

日本で生まれた犬であっても、イギリス式のしつけ方が通用するのか
わからないという疑問が出てきませんか?

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ