新規・リターンズの両方に対応!大人剣道・上達プログラム

詳しくはこちらをクリック

体力や身体能力が伸びる10代から20代にかけて剣道に取り組んでいるのと、
老化がすすむ大人になってから、剣道を新たに始めたり、再開するのとでは
大きな差が出ることは言うまでもありません。

特に学生時代に剣道に取り組んだ経験があって、ブランクを置いた後に再開
した場合には、昔のように体が動かない上に、かかり稽古や地稽古でも全く
相手の動きが分からない、仕掛けられない、よけられないなどという状態に
ショックを受けるものです。

練習をするにしても、部活の朝練から放課後の稽古、更に、帰宅後も地域の
道場で更に稽古に励むことも可能な学生と、仕事や育児、家事などで多忙な
合間にしか稽古に参加できない社会人とではハンデが出るのも当然です。

このため、少ない時間をやりくりして道場などで稽古を受けたり、自宅など
で竹刀を持って素振りを続けていても、なかなか上達せずに悩む
ことも多い
のではないでしょうか。

そこで役立つのが「大人剣道・上達プログラム」です。

東京中野にある武道学園純正館道場の特任師範で剣道教士八段の林朗さんが
リターンズだけでなく中高年が初めて剣道を始めたとしても、短期間で上達
するために必要なポイントや練習法を教えてくれるDVD教材
です。

未経験者から効率よく剣道を上達させるためには、中高年特有の以下の3つ
の問題点を解決する必要があります。

  • 剣道で求められる肩の柔軟性が悪い
  • 手首・肘が固いために有効な素振り稽古が続かない
  • 下半身が固いために有効打突を生み出す足さばきができない

一般的なストレッチは無駄とは言いませんが、ピンポイントで改善した方が
効果が早い事は言うまでもありません。

「大人剣道・上達プログラム」は、以下の3ステップで時間をかけずに一気
に上達できるようにカリキュラムが構成されています。

  • 「剣道に適した身体」の基本を理解する
  • 大人剣士に適した基本稽古の内容を理解して実践する
  • 応用稽古を正しい順番で実践する

1ヶ月も続ければ、今までとは全く違うことを自ら実感できます。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ