1日15分で1ヶ月後にネイティブレベル!スコットペリーの発音大学

詳しくはこちらをクリック

英会話をスムーズに行うためには、英語脳を身につけるだけでは不十分です。
発音が悪いと、なかなかネイティブには通用しないものです。

せっかく日本語を介さずに英語の語順でそのまま理解出来るようになったと
しても、英語の発音が悪いためにコミュニケーションがスムーズに行えない
というのは非常に不利なものです。

この英語の発音は、グロービッシュと言われるように相手に通じたら十分と
言った具合に軽視されがちですが、油断は禁物です。

アメリカ人言語学者のスコットペリーさんも、正しい発音ができる人の方が
「仕事ができる人」だと判断する傾向がある
(特にアメリカ国内)と指摘を
するように、ネイティブに通じる発音ができるかどうかがビジネスにおいて
重要な役割を果たしているわけです。

ネイティブレベルの発音を戸惑うこと無く行うために何が必要でしょうか?

スコットペリーさんは以下の「7つの秘訣」を知って実践すればネイティブ
レベルの発音を実現することは可能だといいます。

  • 発音の基本となる4つの口の形を身につける
  • 英語を話す時の呼吸の仕方を身につける
  • 必要に応じて単語をストレッチする
  • 単語間で音をブレンドする(リエゾン)
  • 英語の周波数にあわせて発音する
  • 鼻から出す息(ネーザルサウンド)を使う
  • ナチュラルスピードで話すために口の動きを身につける

この「7つの秘訣」を自宅に居ながらにして一人でマスターできるのがスコ
ットペリーの発音大学
です。

1日15分で1ヶ月間でマスターできるようにカリキュラムが構成されている
ことから、安心して取り組めます。

すでに2500名以上が実践して、カタカナ英語をネイティブの発音に変える
ことに成功しています。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ