常識的な犬のしつけ方に喝!常識はずれの愛の家庭犬しつけ法

詳しくはこちらをクリック

間違った犬のしつけをしたことで、かえって愛犬が変な習慣を身につけて
しまい、飼育するのに苦労していませんか?

評判が高く、これが正解と言われたしつけ方を行ったのにもかかわらず、
無駄吠えや威嚇、あま噛みや遠吠えなどの問題行動が全く改善しなかった
かもしれませんね。

どうして、効果が高いと言われている犬のしつけ方を用いても問題行動が
解消できないのでしょうか?

一言で言えば、飼い主であるあなたが正しい犬のしつけ方を知らないから
です。

知らないからこそ、しつけ方の本やDVDを見て勉強したのに何を高飛車に
指摘したつもりになっているんだ!愚か者めが!

と文句の一つも言いたくなるでしょうが、人間に置き換えてみれば、その
ような理屈が通用しないことは明らかです。

あなたのお子さんではなく、ある少年が育児が不適切だったがために問題
行動を起こしたとして、そのこどもの親が

「子供のしつけ方を知らなかったからだ」

と言ったら、あなたはどう思いますか?

あなたが、そのこどもから問題行動で被害を受けたとしたら、

「ふざけるな!無能な親のくせに責任転嫁しやがって!」

と、全員が怒りたくなるのではないでしょうか。

犬のしつけにおける、飼い主の責任というのは重い物なのです。
「知らないから」ですませるのは、責任放棄としか言えません。

しかし、先程も書いたように間違った犬のしつけ方が反乱していることから
あたかも常識であるかのように語られているケースも珍しくない点は同情の
余地はあるのではないでしょうか。

そこで、一見すると常識はずれかもしれないが、実は正しい犬のしつけ方を
身につけませんか?

愛の家庭犬しつけ法で、問題行動を即時解消しましょう。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ