大人から始めてもバレー部経験者を追い抜ける!驚異のバレーボール上達法

詳しくはこちらをクリック

学生時代にバレーボール部に所属していた人と、大人になってからバレー
ボールを始めた人のどちらが、バレーボールが上手なのでしょうか?

少しひねくれて考えれば、いくらでも例外は思い浮かぶかもしれませんが
素直に考えれば、バレー部経験のある人のほうがうまいと思いますよね。

バレーボール経験が長いほど、技術的なレベルも高いと思うからです。

しかし、運動はそれほど得意というわけでもなく、偶然、バレーボールを
始めた人でも、指導法次第で、バレーボール経験が豊富な人よりもうまく
なれる
ことは知っていますか?

他の球技をしているとか、運動神経が良くなければ不可能だと思っている
かもしれませんが、運動が苦手だという人でも起こりうる話なのです。

もちろん、日常的にバレーボールをしている人と、最近始めた人とでは、
それなりに体力差はあるでしょうから、いきなり抜かされることもないと
は思います。

しかし、スタミナなどがついてくれば、いきなり抜かしてしまうケースも
珍しくありません。

バレーボールの指導法だけで、どうして結果が大きく変わってしまうので
しょうか?

一般的な指導では、バレーボールの基礎を身につけるために、反復練習を
行います。

もちろん、反復練習をすることで効率良く上達する人もいますが、多くの
場合は、練習のための練習になってしまい、上達スピードは遅めです。

基礎を身につける練習法は、反復練習だけとは限りません。

一つひとつの動作を点検して改善するという、量よりも質を重視した練習
のほうが高い効果をえる人も少なくないのです。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ