諦めるのは早い!40代からの激芯ドライバーマスター

詳しくはこちらをクリック

ドライバーでも飛距離が伸びないと言って悩んでいませんか?

飛距離を伸ばすことは諦めて、コースマネジメントでスコアアップを狙って
いるという人もいるかもしれませんが、2打目以降は最初に打つことが多く
なるため、アプローチで参考にできるゴルファーがいないという点では不安
も大きいのではないでしょうか?

安全な範囲で更に細かく刻んでスコアをまとめるというかもしれませんが、
コンペで「あまり待たせるなよ」などと嫌味を言われると腹立たしく感じる
こともあるのではないでしょうか?

スロープレイをしているつもりがなくても、結果として待たせてしまうこと
になると後続のグループにも迷惑がかかりますので、メンタル面での悪影響
が出るばかりです。

やはり、狙った位置でありながらも遠くまで飛ばしたいと考えるのは誰しも
同じ考えではないでしょうか。

どこにボールが飛ぶのか予想がつかないマン振りではなく、コントロールが
可能な範囲で遠くまでボールを飛ばすには、筋力を鍛えてヘッドスピードを
上げる必要があると考えがちですが、PGAティーチングプロの杉村良一さん
は、現代のゴルフクラブやボールに合わせたスイングをすれば、数時間後に
30ヤードは遠くに飛ばせるようになる
といいます。

トーナメントプロはもちろんのことセミプロレベルのアマチュアゴルファー
でも現代のゴルフクラブやボールに合わせたスイングを難なくこなしている
わけですが、ティーチングプロの多くが何十年も前のクラブやボールを前提
としたスイング理論を説明したり指導している状況
だと杉村さんは指摘して
います。

そこで杉村さんが、このような古臭いゴルフ理論に振り回されることなく、
現代ゴルフにフィットしたスイングをするために必要な知識や練習法などを
まとめた「40代からの激芯ドライバーマスター」を公開しています。

動画教材ですから、杉村さんからマンツーマンレッスンを受けている感覚で
学べますし、わからないことがあればメールサポートが1年間もありますの
で、疑問が出ても簡単に解決できます。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ