ワインディングが苦手なライダーのためのライディングテクニック習得法

詳しくはこちらをクリック

街なかや高速道路などでは、比較スムーズに走行できても、アップダウンの
激しい峠道や海岸線などを走るワインディングが苦手というライダーは多い
のではないでしょうか。

中型バイクではスムーズに乗りこなせても、大型バイクやアメリカンバイク
だと難しいと実感したこともあると思います。

スピード調整だけでなくライディングフォームやテクニックなど、総合力が
求められますし、一般道では対向車が来ますから、うっかり曲がりきれずに
対向車線にはみ出してしまうと交通事故を引き起こしかねません。

特にツーリングでは、集団意識のために、一団から遅れてはいけないと変に
気張ってしまい、無理な走行を続けた挙句、トラブルや事故を起こす場合も
多いことから注意が必要です。

逆に言えば、ワインディングロードをスムーズに走りこなすことができれば
一人前のライダーとして、バイク乗りから認知されるというわけです。

しかし、バイク初心者だけでなく、ある程度、バイクに乗り慣れている人で
さえ苦手意識をもっていることが多いと言われているワインディングを克服
するためには、どのような点に気をつければいいのでしょうか?

まず、間違いなのは、カーブなどに差し掛かった時の恐怖心を克服しようと
度胸試しのようなことをすることです。

チキンレースや肝試しをしているわけではありませんし、失敗したら死亡や
後遺障害が残る可能性があるライディングでは、無理は禁物です。

精神的なものを鍛えようと思う暇があるのであれば、バイクの基礎的な動作
から、もう一度やり直したほうが、よほど高い効果が期待できます。

とはいっても、教習所に通い直すという意味ではなく適切な学習教材を活用
して、安全なところで練習をすればいいのです。

フェンスや峠などに激突して死んだら、なんにもなりません。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ