甲子園への高校野球出場を現実にする方法を暴露

>>公開は終了しました<<

球児たちのあこがれといえば、なんといっても甲子園球場でしょう。
甲子園球場で試合をしたいと思う子供たちも多いでしょう。

それでは、あなたのお子さんや、あなたが高校野球で甲子園で試合をする
ためには、今からどのように過ごせばいいのでしょうか?

改めて言うまでもありませんが、高校生だったり、高校を卒業していると
いう場合には、すでに手遅れです。

安くはありませんが、草野球で甲子園球場を時間借りして、出場した気分
を味わってください。

もし、お子さんやあなた自身が中学生以下というのであれば、チャンスが
ありますので、

  • 誰にも負けないように野球練習に打ち込む
  • 甲子園出場の常連校・強豪校に進学する
  • 高校野球部の指導陣と人脈を作っておく
  • 少年野球で活躍した実績を作る
  • 中学の部活動で野球部員として活躍する
  • 兵庫県の高校の野球部部員になる(夏の兵庫県大会)
  • 近畿地方の強豪校の野球部員でレギュラーになる(秋の近畿大会)

など、いろいろと思い浮かべるかもしれません。

兵庫県の高校に進学して野球部でレギュラーになれば、兵庫県大会と近畿
大会の際に、甲子園でプレイすることができるかもしれませんね。

しかし、どれも曖昧なものであり、確実性という点からすればイマイチな
ものばかりです。

そこで、春と夏の甲子園の全国大会に出場した高校球児に聞いてみるのが
一番早いということで、アンケートを取ったところ興味深い結果が得られ
ました。

戦略を持って、計画的に甲子園に出場を狙っていたことが明らかになった
のです。

甲子園に出場するための法則を知れば、あなたのお子さんや、あなた自身
が高校野球の全国大会に出場し、甲子園のグラウンドを踏みしめることが
できるというわけです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ