ハーレーやアメリカンバイクをスマートに乗りこなすライディングテクニック習得法

>>公開は終了しました<<

ハーレーやアメリカンバイクに対して、憧れを抱いているライダーは少なく
ありません。

しかし、念願がかなって手に入れたのにもかかわらず、後悔するライダーも
少なくない
のです。

ライダーの思い通りにハーレーやアメリカンバイクを操れないのです。

小回りがきかずに立ち止まったり、重くて大きな車体に振り回されてしまう
ので、ワインディングロードでツーリングするなんていったら死んでしまい
そうな気持ちになってしまうのではないでしょうか。

羨望の眼差しを受けてライディングを楽しむどころか、常にヒヤヒヤしつつ
走ることにもなりかねません。

その結果、せっかく大金を出して手に入れたのにもかかわらず、車庫の片隅
でアクセサリーになっていたり、中古バイク業者に買い叩かれて引き取って
もらうということにもなりかねません。

確かに、ハーレーやアメリカンバイクはバンク角がありませんので旋回性に
劣ると言われていますし、コーナリングスピードが上げられないので、加速
性能に劣るともいわれます。

このため、加速・原則がスムーズに行えずに、メリハリのきいた走行ができ
ない
というのです。

果たして、本当なのでしょうか?
ハーレーやアメリカンバイクの特性を生かした走行法を知っていますか?

他のバイクと同じスタイルで走るのではなく、ハーレーやアメリカンバイク
ならではの走り方を身につけたほうがいいのではないでしょうか。

とはいっても、ハーレーやアメリカンバイクに特化したライディングを学ぶ
機会は、なかなかありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ