苦労せずに長打が狙える!小中学生向けバッティング上達法「高弾道打撃術」

詳しくはこちらをクリック

バッティングが苦手な小中学生が、思うように打撃ができない理由は大きく
6点に絞り込むことができる
というのは、MAXベールボールスクール校長で、
元プロ野球選手の長崎慶一(長崎啓二)さんです。

長崎さんの現役時代には、首位打者に立ったこともあるだけでなく、指導者
としても、阪神タイガーズやシドニーオリンピックの日本代表で打撃コーチ
をつとめた経験を持っています。

さて、話を戻しますと、その6点とは、一体どのようなものでしょうか?

  • グリップが下がる
  • 踏み出し足が開く(アウトステップ)
  • バッドのヘッドがピッチャー側に入る
  • 踏み出し足が内側に入る(インステップ)
  • 打った後に身体が前に流れる
  • 打った後に体重が後ろに残りがちになる

一つだけというケースもあれば、複数個当てはまるというケースもあるかも
しれませんね。

一つ一つの問題点を解決していけば、それほど悩むことはありません。

そこで、長崎さんが「美しく、理にかなった抜群のバッティング」を具体的
な方法で、動画で教えてくれます。

それが、小中学生向けバッティング上達法「高弾道打撃術」です。

DVDに収録されており、自宅や移動中の車の中など、どこであっても映像を
見て学習することができます。

野球経験がない指導者でも教えられるくらいに、わかりやすく解説している
ことから、すぐに練習に活用できるようになっています。

しかし、高弾道打撃術で、何かわからないことがあっても問題ありません。
メールサポートで疑問点を解消できるからです。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ