小学校入試面接対策なら1時間で分かる「お受験ムービーSOS」

>>公開は終了しました<<

小学校入試の中でも、難関だと言われるのが「親子面接」です。

ペーパーテストの成績よりも、親子面接や集団行動の結果で合否を判定する
小学校が増えていることから、面接対策の重要度が増しています。

幼児教室に通ってお受験対策をした上で、想定問答や模擬面接など、面接の
事前準備をしっかりしたのにも関わらず、入試では失敗したというケースが
少なくありません。

その原因が、お子さんの「フリーズ」です。

つまり、緊張して固まってしまったがため、面接官からの問いかけに対して
全く話せなかったり、思い通りの答えができなかった
のです。

面接で、親も緊張することは間違いありませんが、小さな子どもにとっては
非常に強いプレッシャーとなるため、事前に面接の練習を繰り返して慣れた
としても、本番では過度の緊張のために何も話せなくなるわけです。

それでは、本番の面接で起こる「フリーズ」を解消するためには、いったい
どうすればいいのでしょうか?

一言で言えば、「落とし穴」に気づいた上で、その落とし穴に落ちないよう
気をつけることです。

大人であれば、たとえ、赤面症で内気な性格で悩んでいたとしても、他人と
会話をする機会がありますし、あたふたしたり、会話がぎこちなくても会話
自体は成り立つことでしょう。
(うつ病や対人恐怖症で治療中の人は別として)

しかし、小学校の面接は、子供からすれば、人生の中で最高のプレッシャー
を感じているものであり、大人が知らず知らずのうちにでも身につけている
精神的な負荷を軽減するための回避策は、一切知りません。

このため、緊張感がほぐれること無く、高まる一方なのです。

子供の緊張感を軽減して面接に臨ませるようにすることが重要なのですが、
親の気負いというものもあり、ついつい励まそうとしたり、気合いを入れる
ようにと、説教や叱咤激励をしてしまいがちです。

この結果、お子さんはますます緊張して、精神状態はいっそう悪化すること
から、「落とし穴」に落ちてしまうというわけです。

そこで役立つのが、「お受験ムービーSOS」です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ