ドライバーの飛距離を伸ばす!安楽拓也の飛ばしのチェック項目

詳しくはこちらをクリック

プロゴルファーの安楽拓也さんといえば、数々のドラコン大会で優勝したり
上位入賞を果たすなど、飛ばし屋として知られています。

400ヤードを超えるドライバーショットに驚きと憧れを感じるゴルファーも
多いのではないでしょうか。

もちろん、アマチュアゴルファーが、プロゴルファーと同じように打とうと
思っても、素質や知識量、技術力などが全く違いますから、猿まねしただけ
でうまく出来るとは限りません。

しかし、安楽プロのショットを細かく分解して、アマチュアゴルファーでも
再現できるように落としこむことで、あなたのドライバーの飛距離が今より
伸ばせるとしたら興味はありませんか?

コースによって違いはありますが、1打目のショットの飛距離を伸ばせれば
2打目以降が楽になりますし、グリーン上にボールを落とす場所などの調整
も距離が短いほどに楽になるものです。

そこで、安楽プロのドライバースイングの原理原則を、4つの分野、22個の
チェックポイントに分解
することに成功しました。

安楽プロといえば、足の踏み込みをはじめとした下半身や遠心力などを重点
的にとりあげるという印象を持っているかもしれませんが、今回のチェック
ポイントでは、腕の動きやクラブの使い方などにも踏み込んでいます。

もちろん、手打ちにならないよう、足の踏み込みなど、下半身を十分に使い
こなすことが前提だそうです。

この腕の動きやクラブの使い方などを追加した結果、22個ではなく、27個の
チェックポイント
になりました。

この安楽拓也の飛ばしのチェック項目に従って、ドライバースイングを練習
することで、今よりも飛距離が伸びることに驚かされるでしょう。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ