劣等生でも難関私立高校に合格!成績・順位が9割上がる勉強法

詳しくはこちらをクリック

地域によって多少は異なる点もあるでしょうが、成績が下位の中学生が
上位から数えるくらいにまで成績が上がったとしても、公立高校の難関
レベルに入学することは不可能
でしょう。

内申点がボトルネックになるからです。

公立高校の入学試験では、入試の点数だけでなく、内申点も加味される
ことが一般的ですから、中3以降に急激に点数を上げても、それ以前の
内申点が悪いケースがほとんどですから、手遅れです。

公立高校のトップレベルに入学しようと思えば、極端な場合、中学入学
時から、主要5科目だけでなく、体育や芸術などで成績上位にいること
が必要です。

しかし、私立高校の入試では、内申点を重視するところは少数派であり
入試の成績で合否が判定されるケースが一般的ですから、内申点が悪い
成績上位者は、自然と私立高校を目指すようになります。

つまり、家庭の経済状態によっても左右されますが、現在は劣等生でも
成績を爆発的に向上させることで、難関私立高校に合格して、優等生と
して高校生活を送れるようになるのです。

公立底辺校と難関私立高校とでは、高校卒業以降の進路も大きく変わり
ますし、難関国公立大学への進学も現実味が出てきます。

といわれても、全く現実味のない話にしか思えないでしょう。

中2までは、最高点20点台の中学生でも、中3になって定期試験で70点・
80点と、教師がカンニングを疑ったり(もちろんしてません)、気持ち
悪がるような成績を取れるようになる学習法があるのです。

成績下位の中学生が成績上位に食い込むようになった学習法です。

特に暗記科目に有効な方法であり、社会、理科から成績が上がってくる
ケースが多いです。

その秘訣は、どこにあるのでしょうか?

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ