駅前留学する必要なし!1日30分でTOEIC840点を取得した勉強法

>>公開は終了しました<<

あなたは、日本で行われている英語学習の大半が遠回りで成果が出にくい
いうことを知っていますか?

「はい」か「いいえ」で答えるだけでなく、

別の商品を売りたいがために、今までと同じような商品をけなしているだけ
じゃないの?

と、思った人もいるかも知れません。

最近の広告は、この手の売り方が多いですからね。

比較広告は一見して分かりやすく感じる一方で、必要以上にバッシングして
いることも珍しくありませんので、見ていて不愉快に感じるものも当然だと
いえるのではないでしょうか。

しかし、今回の場合は、広告云々に関係なく、事実として指摘されている話
なのです。

受験科目としての英語が得意な人ではなく、英語に関する資格を数多く持つ
人でもなく、英語が堪能な人に日本での教え方について聞いてみれば、同じ
ようなことを口を揃えていうでしょう。

つまり、日本における英語教育は、的外れで遠回りだということです。

ピンと来ない人は、

TOEICで高得点を取るのに英語を全く話せない

このような現象が起こるのは日本ぐらいだということを知れば、納得できる
のではないでしょうか。

その原因を一言で言うとすれば、

「日本語で英語を考える」

ということにつきます。

海外留学して、日本語の通じない国に通えば英語が話せるようになるという
ような幻想を抱く人も少なくありませんし、そのような幻想をばらまく業者
もいます。

しかし、あなたが「日本語で英語を考えている」うちは、英語しか話せない
国や地域で一人ぼっちになっても、英会話ができるようにはなれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ