ソフトボールで勝つためのチーム作りなら田中大鉄勝利の方程式

詳しくはこちらをクリック

ソフトボールの試合で勝とうと思ったら、何が必要でしょうか?

  • 相手チームに点を取られないようにする
  • 自チームの攻撃で得点を入れる

当たり前すぎる話ではありますが、この2つができなければ、試合に勝つ
ことはできません。

つまり、1点でも多く取って、1点でも失点を減らせばいいわけです。

しかし、これほど、言うのは簡単でも実現が難しいことはありません。

守備力と攻撃力が整わなければ、さまざまな状況に置かれても勝ち進める
ことはできません。

攻撃力だけが優れているチームの場合、相手のピッチャーが非常に優秀で
完全に押さえ込まれてしまうと、守備が弱いという弱点をつかれて失点を
重ねるでしょうから、試合には勝てません。

逆に、どれだけ守備力が優れたチームでも、全試合の失点を0におさえる
ことは不可能です。

完璧にピッチャーが押さえ込んでいたとしても、偶然バットにあたって、
ホームランになるというケースも全くないとは言えません。

偶然の一発に泣かされるゲームも時々見かけますので、貧弱な打線を放置
するのも問題なのです。

それでは、チーム力を強化するために、いったいどのような練習をすれば
いいのでしょうか?

走り込み、基礎練習、反復練習を行なって、試合形式で練習して仕上げと
いうチームが多いと思います。

ソフトボールの上達には裏技はありませんから、一つのことを知るだけで
世界チャンピオンになれるといった妄想を抱く人はいないと思いますが、
基礎を徹底するなどという名目で、長々と練習を続けるのは問題です。

指導者から一方的に押し付ける練習では、なかなか上達しないからです。

上から目線で強制する練習法では、次第と反発されていきます。
だからといって、変にへりくだる必要もありませんが。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ