ピッチングをレベルアップするなら!投球フォーム別パーフェクトバイブル

詳しくはこちらをクリック

ピッチャーとして成長できずに、行き詰まりを感じていませんか?

練習に熱心に取り組んでいても、全くといっていいほどに上達せず、何を
しても、レベルアップできないだけでなく良い結果も残せていないのかも
しれません。

せっかくマウンドに出ても、制球力に乏しくスピードも出ないボールしか
投げられずに、フォアボールやデッドボールを立て続けに引き起こしたり
連続で打たれて失点を重ねるといった状況ではないでしょうか。

変化球の種類も少なく、緩急をつけたピッティングが出来ないというので
は、なかなか打者をおさえることが難しいでしょう。

監督やコーチ、キャプテンやチームメイトからの信頼を集めることも出来
ません。

このままだと、指導者から野手へ転向するように言われるのも時間の問題
ではないでしょうか。

さて、野球の監督やコーチがピッチャーに求めることは何でしょうか?

バッターを抑えることや出塁したランナーを盗塁させないなど、いろいろ
と思い浮かぶかもしれませんが、

  • 速いボールを投げられること
  • 正確なコントロールで投げられること

という2点が答えです。

目の前の打者を抑えるために必要な素質があれば、配球はキャッチャーに
任せてもいいわけですし、打たれたとしても守備を信頼すればいいという
わけです。

何よりも、ピッチャー自身や、キャッチャーやピッティングコーチの指示
通りにボールを投げることができなければ、意味がありません。

しかし、スピードやコントロールでライバルと勝負できなかったとしても
第3の道が残されている
ことを知っていますか?

それが、投球フォーム別パーフェクトバイブルに書かれています。

その第3の道とは、アンダースローです。
下手くそな投げ方ではなく、下手(したて)で投げることですね。

アンダースローを正しく教えられる指導者が少ないことから、ピッチング
といえばオーバースローしか無いという状況になっているのです。

オーバースローではノーコンのピッチャーでも、アンダースローに変える
ことで制球力が劇的に向上したというケースはよく聞きます。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ