勉強しなくても優等生になれる「天才の勉強法」

>>公開は終了しました<<

試験前だからといって勉強に集中しているわけでもなく、普段から熱心に
勉強しているように見えないのに、テストになると好成績を残して上位に
入る
という人が、学年に一人はいるものです。

「頭の出来が違うから勉強しなくても身につくんだ」などと言われるわけ
ですが、頭の出来が、凡人と比べて桁違いの差があるのでしょうか?

結論から言えば、絶対とは言いませんが、多くの場合では脳みそを割って
も、似たような中身であり、全くと言っていいほど差はありません。

脳みその出来だけでいえば、ほとんど変わりはないのです。

何が違うのかというと、「勉強法が違う」だけです。

勉強のやり方、勉強のコツを知っているか、知らないかというだけの話
といっても信用できない人が多いのではないでしょうか。

実際に成績が上がらないと悩む多くの人は、勉強法を知らないだけでなく
自分で自分を貶めてしまうという最も過酷ないじめを自ら課していること
じゃら、自分自身の向上を妨げる方向にエネルギーを浪費しているのです。

これほど、非生産的なことがあってもいいのかと言いたくなります。

事実として、成績が上がらないと悩む学生の87%が、メンタルブロックの
ためにスムーズに成績が上がりませんし、80%の学生が成績が上がらない
勉強をしているのです。

自分を貶めるエネルギーを、少しでも、勉強法を変える方に変えるだけで
未来が全く違って見えてきます。

具体的なことは、「天才の勉強法」に書いてあります。
あとで後悔するのはやめましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ