武道必修化でうちの学校は剣道という学生に「剣道上達革命」

詳しくはこちらをクリック

ヒップホップダンスなどと同様に、中学校の体育教育で義務化されたのが
武道」です。

多くの学校では「柔道」を選択していますが、技をかけた時に起こる事故
を危惧する声は非常に大きく、当たりどころが悪ければ死亡したり、不随
にもなりかねないという具合に大問題となっています。

このため、長野県を中心に剣道を採用するという学校もありますが、危険
性という点では、柔道とそれほど変わらないそうです。

授業の内容にもよるのでしょうが、学校設備の成約といったものも大きい
のではないでしょうか。

とはいっても、授業で剣道をするとなれば、高校入試の際の内申などにも
影響してきますから、特に公立高校を目指すのであれば、避けるわけには
いきません。

また、高校の体育の授業でも武道を行なうところが多いため、部活動など
で本格的に剣道に取り組む気がなくても、ある程度は上達しておいた方が
いいのではないでしょうか。

そこで剣道未経験者でも、自宅で学べる動画講座が公開されました。
それが、剣道上達革命です。

筑波大教授で剣道部部長、剣道教士八段の香田郡秀さんが講師となって、
根性や精神論ではない剣道上達法を学ぶことができます。

一般的な剣道場などでは指導されていない、飛躍的に効果がでる、独自の
トレーニング方法を知ることができます。

1ヶ月もすれば、おおいに上達したことを実感できるでしょう。

剣道は、柔道がスポーツ化したような状態になっていないことから、必要
以上に体力頼み、精神面ばかりを強調しすぎるきらいがあるわけですが、
そのような指導者から教わるとなると、悲惨の一言でしょう。

才能やセンスに関係なく上達できる練習法の方が役立つのにもかかわらず
マトモなことは全く教えてもらえずに、時代遅れのスポ根マンガのような
根性・気合・体力頼みの稽古しかさせてもらえないでしょう。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ