解法テクニックだけではTOEICで満点はとれません!TOEIC完全攻略方程式

詳しくはこちらをクリック

TOEICの解法テクニックを知っていると知らないとでは、スコアに200点
近くの違いが出る
こともあります。

このため、TOEICにおける問題の解き方を知っておいたほうがいいことは
改めて言うまでもありません。

しかし、TOEICスコア300~600ぐらいの人に大いなる効果が期待できる
としても、満点を狙っている人には、あまり効果は期待できません。

小手先のテクニックだけで900点台に到達することは不可能だからです。
満点を狙うともなれば、尚更のことでしょう。

TOEICの点数だけではなく、あなたの英語の能力も高める必要があるわけ
です。

当然ですが、1日10分、1週間の勉強などで達成できるほど簡単な世界では
ありません。

時間で言えば、最も効率よく勉強をしたとしても、1日4時間を9ヶ月かけて
到達できるレベル
と言えるでしょう。

1日4時間も勉強時間が確保できないというのであれば、1日2時間勉強して
18ヶ月といった具合にスピードを調整すればいいわけです。

もちろん、学習内容によって大きな差が出ますし、学習法を間違えてしまう
と、成績が頭打ちになってしまい、努力してもスコアが伸びなくなるという
問題に悩まされかねません。

マグロの完全養殖などで有名な近畿大学の石井隆之教授(石井さんはマグロ
養殖とは関係ありません)によると、TOEICで満点を取るために「絶対的な
法則」がある
といいます。

TOEICテストに潜んでいる「原因と結果の法則」を突き詰めていくことに
よって、法則性・解決策を見つけ出すことができたのです。

その結果、TOEICで満点が狙えるだけでなく、英語力も向上させることが
可能になった
と言います。

その方法をまとめたのが、TOEIC完全攻略方程式です。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ