本物の英語発音を身につけられるネイティブ英語ボイストレーニング

詳しくはこちらをクリック

多くの日本人は、英語の発音が苦手です。

日本語には存在しない発音が、英語には数多くあるからです。

英語が得意な日本人であっても、会話をすれば発音が良くないだけでなく、
相手に理解されないというケースが少なくないからです。

その上、発音がスムーズに出来るようになったとして解決しません。
英会話のスピードがネイティブと比べて遅いケースは珍しくないからです。

つまり、口や舌の動きだけを身につけても不十分だということです。

その理由は、肺活量や呼吸法の違いにあります。

英語を話すネイティブは、普段から腹式呼吸でお腹から声を出しているため
長い文章であっても、息継ぎをする必要がなく話すことができるのです。

日常的に腹式呼吸ができていることから可能になったというわけです。

その一方で、特別に腹式呼吸の訓練を受けていない数多くの日本人は、胸式
呼吸で、小さい息継ぎをたくさんしながら、細切れの文章を話しています。

細かい息継ぎが必要になるのは、日本語の特性もありますが、呼吸法の違い
も大きな影響があります。

英会話教室に通ったところで、英語を話すのに必要な声や呼吸が鍛えられる
ことはありませんから、発音を身につけても発音が良くならない
というわけ
です。

ボイストレーニングでも受けなければ、日本では学ぶことはできません。

しかし、日本の英会話学習では決定的に欠けている「呼吸法」の練習を行う
ことによって、ネイティブと同じような会話をすることができるわけです。

聞き流すだけというのは、全くの論外だということがわかるでしょう。

そこで、自宅に居ながらにしてネイティブのような会話ができるようになる
ための学習教材がネイティブ英語ボイストレーニングです。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ