3ヶ月間自宅で準備できるお受験対策!国立大附属小学校受験対策書

>>公開は終了しました<<

公立校で頻発している学級崩壊やいじめなどを気にすることなく、小さいうち
から学力を上げるために小学校を受験させたいけど、授業料が高すぎるから
諦めていませんか?

確かに、私立小学校はどこも授業料や諸経費などを含めると非常に高額になり
ますし、子どもたちを通わせている親御さんに富裕層が多いことから、見栄を
はることなどを考えると、相当な出費となりかねません。

一方、国立学校は国公立大学の教育学部に付属していることが一般的であり、
将来的な教育の研究台として活用するという「建前」のもとで、公立学校並の
授業料で通うことができます。

多くの国立小学校は、中学まで・高校までと一貫教育をとっていることから、
中学入試や高校入試が関係ないというのがメリットかも知れません。

その上、私立小学校の場合は、転勤などで移住するという時には、転校させる
学校が見つけられないケースも珍しくありません。

せっかく入学した私立小学校を中途退学して転勤先の公立小学校に転校するか
子供と母親を残して、一人で単身赴任するしか方法はありません。

国立小学校の場合、全国各地にある国立小学校に「転校」できますから、転校
の際に新たに試験を課されることもありませんし、退学する必要もないという
わけです。

国立学校も「公立」だから当前と言われるかもしれませんが、地元の区市町村
の小学校では、年齢が来れば自動的に入学するように「義務」が課されるだけ
ですが、国立小学校では「入学試験」に合格しなければ通えません。

それでは、国立小学校の入学試験に合格するためには、どのような勉強をする
といいのでしょうか?

お受験教室に通わせれば安心だという人もいますが、当てはまらずに不合格と
言うケースも珍しくありません。

再受験する機会はありませんから、出費がかさんだ挙句に成果がないというの
では、非常に厳しいものです。

そこで、今までお受験対策を全くおこなっていないという人でも、残り3ヶ月
から国立小学校入試に間に合う対策法
を知りたくありませんか?

その名も、国立大附属小学校受験対策書が役立つでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ