中学受験に不可欠な算数「植木算」を得意分野にする方法を暴露

詳しくはこちらをクリック

中学校入試での算数の定番といえば、「植木算」です。

小学4年制で学ぶのが一般的ですが、入試問題作成者からの使い勝手の良さ
もあって、さまざまな中学校で出題されています。

連続した問題の中で、一見して植木算とは気づかないように出題することも
珍しくなく、出題者側からすれば、活用範囲が広いのが特徴です。

植木算の解法はパターン化されたものがありますが、植木算そのものという
ような例題であれば簡単に解くことができても、少し出題をひねられると、
さっぱり手が出ないといった状況かもしれません。

そこで役立つのが、『勉強革命』シリーズの「植木算」です。

全国各地で、500名以上の小中学生の読解力を伸ばすことに成功した読解力
向上委員会の二宮智宏さんが開発した、他では手に入らない学習教材です。

小学校の先生は言うまでもなく、学習塾の講師でもなかなか気づかない点を
もとに解説していますので、目からウロコが落ちる体験(本当に落ちません)
ができるのではないでしょうか。

勉強革命は、動画形式で遠隔授業を受けている感覚で学ぶことができます。

植木算を解くにあたって混乱しやすい原因は、「間の数」です。

「間の数」の数え方や、出題された時の活用法がわかっていれば、応用問題
であっても余裕で解くことができるようになるのです。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ