葬儀業者に振り回されない仏式葬式なら「葬儀辞典」

詳しくはこちらをクリック

葬儀費用は、200万とも300万とも必要だと言われています。

最近では、生前準備や葬儀の多様化という流れもあることから、かつての
ように、死後に葬儀屋が強引に全てをコントロールするような流れは減り
つつありますが、地方に行けば未だに健在です。

葬儀について問題なのは、葬儀屋が一方的に豊富な知識を持っているため
消費者からすれば適切なのかどうか分からない
という点です。

死後、何かと慌ただしい中で、葬儀の内容を決めていくことが一般的です
から、比較検討をする余裕もありませんし、他の葬儀業者と競争させたく
ても、地方では1社しか葬儀業者がいないというケースも多くあります。

その結果、言い値でぼったくられているのか、業界的に適切な水準なのか
判断できないケースが数多くあるわけです。

また、葬儀というのは、日常生活からかけ離れた世界での出来事ですから
何から手を付ければいいのか分からない
というのが本音でしょう。

地域の自治会などがあれば、近所の赤の他人が葬儀委員長になって、取り
仕切るという場合もあるでしょうが、残された遺族が全て手配する必要が
あるケースのほうが多いと思います。

ここでも、葬儀屋の言いなりに段取りが決められるケースが多いのです。

自宅であったり、どこかの会場を借りて行うにしても、段取りは全て葬儀
屋が決めてしまうというわけです。

つまり、葬儀屋が自由に段取りを決めて費用を見積もるという流れになる
わけですから、水ぶくれしやすいのも理解できるでしょう。

そこで、縁起でもないことだといって思考停止せず、あなたの意向にそう
葬儀を割安に行うためにも、しっかりと葬式について理解しておく必要が
あります。

冷静な判断ができる時に「葬儀」の実態を知ることによって、死後の対応
が大きく変わってくるのです。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ