勝てるバスケチームに育てる指導法「アーリーオフェンスマニュアル」

詳しくはこちらをクリック

アメリカNBAや日本のプロリーグ等の試合を見るまでもなく、バスケット
ボールにおいて「アーリーオフェンス」が重要になって来ました。

セットオフェンスで攻めやすい陣形を作ったり、ファストブレイクで瞬時
に攻撃をしかけるというのが従来のバスケットボールでの定石でしたが、
一長一短というのが問題点でした。

このような問題を解消するのが、アーリーオフェンスというわけです。

アーリーオフェンスは即効性が期待できますし、シンプルに実践できると
いうこともあって、人気が高まっているというわけです。

オフェンスとディフェンスの切り替えが早くなるほど、スムーズに得点が
稼げるようになってきますから、的確な指示でプレーを成立させるために
「思考のスピード」を早めることが非常に重要な要素になっています。

しかし、バスケットボールの基本的な練習だけでは「思考のスピード」を
早めることは難しいと言わざるを得ません。

言葉で説明するのは難しいですし、ケースバイケースという場合も少なく
ありませんから、一つの「必勝」パターンを知ればいいといったものでも
ありません。

このため、限られた練習時間の中で、いろいろな経験をすることで反応を
高められるようにすることが必要になります。

アーリーオフェンスマニュアルは、アーリーオフェンスをチーム内に浸透
させる指導法・練習法を学ぶことができる教材です。

アーリーオフェンスが身についてくると、試合では最小限の指示だけで、
選手自身が自ら考えて最適な行動ができるようになっていきます。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ