【防衛医科大学校対策講座】60日あれば合格できる?

boueiidai

詳しくはこちらをクリック

防衛医大は、東大医学部や京大医学部に合格した受験生でも不合格になる
ケースがあるという「難関」学校です。

しかし、合格できたとしても、防衛医大に進学しない受験生も意外に多い
のです。

その理由はいくつかありますが、防衛医大の入試日程は大学入試と比べて
早いことから、腕試し受験をしたり現役高校生が受験を経験するのに良い
機会だというのが大きいでしょう。

志望校は防衛医大ではなく、他大学の医学部であることから、防衛医大に
合格したとしても滑り止め感覚でキープしておく程度で、場合によっては
防衛医大の合格をなげうって浪人するというケースもあります。

医官として任務するのが一般的ですから兵士として戦うことはありません
が、戦場に行って無駄死したくないというのもあるでしょうし、医師界は
学閥がはびこっていますから、防衛医大という傍流では損をするだけだと
いった発想もあるわけです。

また、医学の基礎研究分野という世界でも、京大などと比べて防衛医大は
極めて脆弱であるために、研究者として医学部を目指すのであれば普通の
大学を目指すしかありません。

その一方、防衛医大卒業後、自衛隊に一定期間着任していれば、防衛医大
の授業料は無料になりますし、医師免許さえあれば学閥でつらい目にあう
としても問題ないと思うのであれば、気にすることはないでしょう。

それでは、防衛医大に合格するために、どのような試験対策を行えばいい
のでしょうか?

とにかく情報量が少ないのが防衛医大に関しての問題点ですから、過去問
ぐらいしか入手できない受験生も多いのではないでしょうか。

医学系予備校でも、防衛医大対策講座などが用意されているところは少数
というのが実情です。

そこで役立つのが、防衛医科大学校対策講座です。

【続きを読む】

サブコンテンツ

このページの先頭へ