スコア160以上から2年で63になった!速効!ダウンブロー上達術

>>公開は終了しました<<

ゴルフにかぎらず、スポーツ指導に関しては、指導者によって言うことが
異なるというケースが珍しくありません。

あなたもレッスンを受けていた時に、コーチが変わった途端にいうことが
違うので戸惑ったという経験をしたことがあると思います。

ひどいケースでは、同じ指導者が別のことをいう場合もあります。

いったい何が正しいのか

と、頭を抱えてしまうのではないでしょうか。

しかし、ゴルフに関しては、幸いなことに共通点が見つかりました。
それが、インパクトの形です。

理想的なインパクトを作ることができれば、ゴルフクラブが最も効果的に
活用できるようになるのです。

インパクトが間違っていれば、クラブがどれほど性能のよいものであって
も、全く役に立ちません。

それでは、理想的なインパクトをするには、どのような点に気をつければ
いいのでしょうか?

コーススコア160以上という全く情けない成績を、2年後にベストスコア
63にまでスコアアップすることができたプロゴルファーの吉本巧さんに
よると、6個のチェックポイントがあるといいます。

  • クラブヘッドの最下点は、ボールよりもターゲット方向側
  • インパクト時にグリップがクラブヘッドよりもターゲット方向側
  • インパクト時のグリップの位置は、左足の付け根の正面(右利き)
  • 左足は地面と直角(右利き)
  • 体重の比率は左足6:右足4(右利き)
  • 左腰の方が右腰よりも少しだけ高い状態(右利き)

左利きで、全く逆の方向でスイングをする場合、右足と左足を逆にして
考えてください。

しかし、この6つのチェックポイントはプロゴルファーでも満足に行う
ことができていないケースは珍しくありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ