働きながら効率良く勉強する社会福祉士の合格戦略

>>公開は終了しました<<

社会福祉士試験を受けようと考える人の大半は、4年制大学のケースを除けば
相談実務についている人でしょう。

受験条件にも、4年制大学を除けば、実務経験が課せられていることもあって
証券会社やスーパー店員などの異業種からいきなり参入することはできません
から、福祉系の仕事につきながら社会福祉士を目指す人が多いでしょう。

しかし、仕事で疲れているところに、新たに勉強となると、なかなか取り組み
にくいというのが本音ではないでしょうか。

家事もしなければいけませんし、育児しながらというケースもあるでしょう。

福祉系の4年制大学に通っていて、社会福祉士試験のみに集中して取り組める
大学生と同じような勉強法では、働きながら社会福祉士試験に合格するという
のは夢物語になりかねません。

そこで求められるのが、働きながらだからこそできる社会福祉士の合格戦略
いうわけです。

働きながら試験対策を行う場合、勉強時間の確保や、ただでさえ少ないプライ
ベートの時間のやりくりばかり気にしていませんか?

睡眠時間を減らしたり、根性と気合で試験まで乗り切れると思っていたとした
ら、大間違いです。

この発想自体が、三日坊主になりかねない最大の原因だからです。

勉強時間を確保することが目的化してしまうのでは、本末転倒です。

無理に学習時間を増やそうとしても思い通りには増えませんし、眠気まなこで
勉強しようと思っても、精神的に苦痛になるだけで、まったく学習効果はあり
ません。

無理に勉強することで嫌な気持ちだけが高まるようになって、勉強自体が嫌に
なるという悪循環に陥るのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ